地方銀行は今後生き残れるのかな?

福岡在住、もちろん会社も福岡なので
当社のビジネス用メイン銀行は福岡銀行です。

福岡の地場だと、
福岡銀行か、西日本銀行のほぼ2択だと思います。
ほかにも
福岡中央、北九州、筑邦に信金や農協もありますが
地場の取引会社さんの振込先を見ても
ほぼ上記の2択です。

なので、個人名義のプライベート利用も
引き落としは地場の福岡銀行を
メインバンクとしているのですが

最近、この傾向が薄れていきているなと
私自身の最近の開設銀行を見て思ったので
ちょっと地場銀行危ないんじゃない?
と思ったことを書いてみます。

・iDecoやNISAで個人投資が一般化
・キャッシュレス決算到来
・口座開設ポイント合戦
・お買い物ポイント還元合戦
・まとめ

・iDecoやNISAで個人投資が一般化

もう40歳も過ぎ
子ども成人したので
ちょっと老後資金のために
投資でもしてみようかと思い
最近よく耳にする(もう古いけど)
iDecoやNISA
などを調べていました。

投資をする場合、証券会社の新規口座開設が必要です。

口座といっても銀行口座とは別です。
証券会社の口座を開設し、
証券会社へ入出金するために
登録(紐づけ)する銀行口座も必要です。

ここで、いつも使っている
地場の地方銀行を登録(紐づける)
してもいいのですが
デメリットしかないので
新規で銀行口座(メガバング)も開設しました。

証券会社と銀行口座を
新規開設することで
いろいろな特典、ポイントがつくので
地方銀行を証券会社と紐づけるより
メガバンクを紐づけた方が
今後の入出金の手数料もお得になり
新規口座開設した方がメリットがあります。

・キャッシュレス決算到来
キャッシュレス決算が乱立。

私の場合はPayPay払いとクイックペイの
2択です。

ここにきて今年2021年
PayPay銀行などができて
いよいよキャッシュレス、クレカ、銀行
の戦場になってきているように思います。

・口座開設ポイント合戦
口座開設するともらえるポイント合戦が熱い!

今年、このポイントがもらえるキャンペーンで
あきらかにお得だったので
めんどくさがりの私も
いくつか口座開設しました。

このポイント合戦は
キャッシュレス、クレカ、銀行の連携で
凄い戦いが起きてます。

これに地場銀行は乗り遅れています。
と、いうより資金力の差でしょうか。

※くわしいお得なポイント合戦は
別記事にてまとめたいと思います。

・お買い物ポイント還元合戦
お買い物に使うと〇%還元キャンペーンが熱い!

PayPayのポイント還元キャンペーンに端を発し
ほかのキャッシュレスやクレカも
追従しているお買い物ポイント還元合戦が起こっています。

消費税10%にあがったし
この2%~5%還元は小さいようで大きいです。

数パーセントの還元なんて
私もちょっとバカにしていまいましたが
5%還元は大きいんじゃない?
と思い、色々調べてみました。

そして、このキャッシュレスでお買い物をする際にも
チャージするためにクレカや銀行の
登録(紐づけ)が必須です。

このキャッシュレスチャージのためにも
新規口座を開くきっかけとなりました。

どんどん、地場銀行の引き落としから
新規口座(大手メガバンク)へ移行する
きっかけとなっています。

※くわしいお得な還元ポイント合戦は
別記事にてまとめたいと思います。

・まとめ

現在、2021年6月時点で
新規開設した銀行とクレカは以下の2社


PayPay銀行
三井住友ナンバーレスカード

新規開設と、今後の連携で
かなりお得なポイント還元がもらえます。

 

 

PAGE TOP